メニュー

もの忘れ外来

「もの忘れ」は年をとると誰にでもおこるものですが,認知症の症状としてあらわれるものもあります.
認知症にはさまざまなタイプがあり,それぞれに治療法が異なりますので,治療の前に評価と診断が必要です.

当院の脳MRI検査では,通常のMRI撮影の他に,VSRADという解析ソフトを用いた海馬の萎縮度計測を実施してします.
初期の認知症では脳MRI検査だけでは異常が検知できないこともあります.そこで当院では,詳細な問診をもとにして,記憶力を中心としたさまざまな脳の認知機能の検査を実施します.検査は臨床心理士言語聴覚士などの専門スタッフが実施することもあります.
これらの認知機能検査の結果と脳MRI検査の結果から,認知症専門医が適切な診断と治療をおこないます.

「認知症を根本から治す薬はないのだから,相談しても意味がない」と思い込んでいる方がいらっしゃいます.
しかし,認知症のなかには正常圧水頭症や甲状腺機能低下症など,有効な治療がある認知症も多く存在します.
また,根本治療がない認知症のタイプであっても,徘徊や不眠,怒りっぽさなどの症状(BPSD)を改善させることでご家族の負担を軽減することができます.
いずれにしても,認知症の治療は早めに開始することが重要です。

もの忘れで気になることがございましたら、是非当院にご相談ください。

なお,患者さんご本人の前で認知症の症状を医師に説明したとき,患者さんのお気持ちを傷つけてしまう場合もあります.
ご本人の前で説明しにくいことを事前にメモしてクリニック受付で提出していただけますと,診察前に医師が目を通しておきます.ご活用下さい.

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME